総量規制対象外のローン

消費者金融でカードローンを利用するとなるとどうしても総量規制がネックとなってきます。少額の融資で大丈夫、という方はまだしも、できるだけ限度額を高くしたい、余裕を持ったカードローンを利用したいという方だと不満を感じてしまうでしょう。そのような方におススメできるのが総量規制対象外の銀行カードローンです。銀行は貸金業ではありませんから総量規制の対象にはなりません。

銀行系のカードローンを選ぶときのポイントですが、まずは限度額をチェックします。これはカードローンを扱う銀行によってまちまちですから、まずは限度額を確認しましょう。次に金利をチェックします。基本的に銀行は消費者金融よりも金利は低い傾向にあるものの、これもやはりそれぞれの銀行によって違いがあります。少しでも金利の低い銀行を選ぶことでお得にカードローンを利用できるでしょう。

融資までのスピードも重要なポイントです。いくら限度額を高く設定できたとしても融資までに時間がかかってしまうようでは意味がありません。即日融資、もしくは少しでも早く融資可能なカードローンを選ぶようにしましょう。手軽にカードローンを利用する、という意味では収入証明書が必要か不要かというのもポイントです。

総量規制について

カードローンを十年以上前に利用したことがある、という方もいるでしょうが、以前は学生や主婦といった収入がない方、アルバイトで収入が少ない方でも簡単にカードローンを利用できました。しかし、現在では総量規制によってそれができなくなっています。総量規制とは貸金業法における法律の一つで、貸金業が対象となります。個人が貸金業者から借り入れができる上限は年収の3分の1までと決められ、それ以上の借り入れをすることはできなくなりました。

貸金業者に該当する代表格は消費者金融です。そのため、消費者金融のカードローンを利用するときには年収の3分の1までの限度額しか利用ができません。主婦や学生といった収入がない方に関しては以前のように簡単に契約することもできなくなってしまったのです。消費者金融での多重債務などが問題となったことからこのような総量規制が敷かれるようになりました。

消費者金融では総量規制に抵触しないように限度額を設定するため、カードローンでも基本的に限度額が低くなりがちです。そこそこ大きな限度額で利用したいという方は消費者金融ではなく、総量規制対象外となる銀行カードローンを利用したほうがいいかもしれません。

カードローンの総量規制

カードローンを利用すればいざという時に現金を用立てることができます。友人が突然入院してしまったのでお見舞いに行かなければいけない、上司の結婚式に出席しないといけない、お葬式に参列しなければ、といったシーンでは現金が必要となりますが、お給料日前だと財布にも銀行口座にもお金がない、ということも珍しくありませんよね。このようなシーンで重宝できるのがカードローンです。

カードローンを利用するにはカードローン商品を扱っている銀行や消費者金融で契約を結ぶ必要がありますが、現在ではたくさんの金融業者がカードローン商品を扱っています。業者によって金利や手数料、限度額などが変化しますから覚えておきましょう。カードローンは一度契約してカードを発行してもらえばそれ以降はカードを使って自由に現金を借りることが可能となります。あらゆるシーンで重宝できますから一枚くらいカードローン専用のカードを発行してもらうのも良いかもしれません。

あらゆるシーンで重宝でき便利なカードローンですが、現在では総量規制によって借り入れ額が以前に比べて相当低くなっています。ひと昔前だと主婦や学生でもカードローンを利用することができましたし、まとまったお金を借りることもできましたが現在では総量規制によって難しくなっています。ここではカードローンにおける総量規制についてのさまざまな情報を発信しますから、少しでも興味のある方は最後まで目を通してください。

参照サイト⇒http://noloan.com/