月別アーカイブ: 2016年10月

総量規制について

カードローンを十年以上前に利用したことがある、という方もいるでしょうが、以前は学生や主婦といった収入がない方、アルバイトで収入が少ない方でも簡単にカードローンを利用できました。しかし、現在では総量規制によってそれができなくなっています。総量規制とは貸金業法における法律の一つで、貸金業が対象となります。個人が貸金業者から借り入れができる上限は年収の3分の1までと決められ、それ以上の借り入れをすることはできなくなりました。

貸金業者に該当する代表格は消費者金融です。そのため、消費者金融のカードローンを利用するときには年収の3分の1までの限度額しか利用ができません。主婦や学生といった収入がない方に関しては以前のように簡単に契約することもできなくなってしまったのです。消費者金融での多重債務などが問題となったことからこのような総量規制が敷かれるようになりました。

消費者金融では総量規制に抵触しないように限度額を設定するため、カードローンでも基本的に限度額が低くなりがちです。そこそこ大きな限度額で利用したいという方は消費者金融ではなく、総量規制対象外となる銀行カードローンを利用したほうがいいかもしれません。